読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寂しがり屋の一匹狼

朝に弱いゲーム好きの記録

グルバルシオとヒラメ

メルスト Splatoon

私です。

ステージ解放レイドが同時に来ててんやわんやしてます。(ジャンプできるようにしときました)

 

まずはレイドの方から行きましょうか。

バイトの休憩時間とレイドの開始時間が被っていたので、とりあえず20くらいまではレベルを上げられました。そのあと家に帰ってきてから少しやって現在30くらいと。

 

ギルドの方がスタートダッシュ決めていて、すでにレベル100まで進んでました。しかも光グルバルシオまで手に入れてました…!恐るべし。

 

攻略に活かせそうな基本データ。

リーチ:60、外皮:通常、同時攻撃数:5、スキル:フィブル

外皮特攻がないので武器種別はあまり気にしなくてもよさそうです。あえて言うなら魔法が有効?リーチ表記は60ですが、いつものごとく攻撃範囲はもう少し長そうなエフェクト…。

 

ということで実験。リーチ検証です。(リーチ距離)

エルシュカ(120)で被弾、リッチー(125)で安全域でした。

表示リーチは60ですが実際の攻撃範囲は120まであるようです。

リッチーが被弾しないのは僥倖。ついでに回復役としてスーを採用することが可能であることも判明。早送りでダメージを稼ぐなら少し考えてみてもいいかも。

(こんな感じ?お金足りてないけど…)
f:id:absoul100073:20150822020130j:image

 

といった感じです。時期の関係であまりできなさそうなので、今回も100レベル到達を目標にのんびりやっていきます。

 

Splatoonの方はヒラメヶ丘団地の解放がありました。

住宅地中でのバトルとなり、従来のステージに比べて「壁塗り」をかなり意識しているステージのようです。

登れる壁や裏を取るための道がいくつもあるのでに相手の死角を突きやすいです。チャージャー不利に見えましたが、高所に陣取ればブラスターやバケツに邪魔されずに狙撃ができるので案外悪くはないのかもしれません。

ガチホコを少しやっただけなのでまだ何とも言えませんが、わかめよりもスクイックリンの方が取り回しやすかったです。壁を活かした奇襲をかけられるのと、シューターよりも壁塗りが得意な点で有利を取りやすい印象でした。

スクイックリンβでS54まで行ったので今日はやめておきます。

 

以上今日の私でした。フェスはアリで行きます。どうしても決めきれなくてサイコロに委ねましたとさ()

 

当ページは、Happy Elements株式会社「メルクストーリア – 癒術士と鈴のしらべ -」の画像を利用しております。

該当画像の転載・配布等は禁止しております。

(c)Happy Elements株式会社