読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寂しがり屋の一匹狼

朝に弱いゲーム好きの記録

ギルバトのススメ@メルスト

 

私です。

ギルバトって難しそう。レベル低いし関係ないよね?そう考えているそこのあなたへの記事ですよっ!

 

目次(各項目にジャンプできます)

  1. ギルドバトルとは
  2. 得られるもの
  3. 何すればいいの?
  4. 最後に

 

1.ギルドバトルとは

ギルドバトルは自分のギルドを含めた4つのギルドの対抗戦です。

手に入れたシードが自分たちのギルドを守り、プレイヤー達が他のギルドへ攻撃を仕掛けます。

出撃、応援、祈りを行うことでポイントが加算され、最終的にポイントの高かったギルドが勝利となります。

 

2.得られるもの

最終順位によってゴルドメダルを報酬として獲得することができます。特定の期間では入手することの難しいレアメダルが報酬に追加されます。

そして何よりギルドメンバーとの絆が深まります。力を合わせ、強敵に立ち向かう体験こそがギルドバトルの醍醐味と言えるでしょう。

 

3.何をすればいいの?

まずはギルドバトルが行われている時間を確認しましょう。4つの時間帯に分かれています。

朝   8:00~  8:30

昼 12:30~13:00

夕 18:30~19:00

夜 22:00~22:30

 

     f:id:absoul100073:20150906042126j:plain

 

この時間帯にギルドのタブをタッチするとギルドバトルを行うことができます。

Tips 曜日設定

ギルドによってはギルドバトルを行う曜日を設定していることがあります。ギルド設定で確認できますので事前に確認しておきましょう。

 

なにも分からないうちはとりあえず応援をしておきましょう。自分のギルドの名前の近くにあるお城をタッチすると選択できます。慣れてきたら祈りや出撃にも手を出してみましょう。詳しくは下をどうぞ。

 

【最重要】応援(BP消費 25)

戦闘時のSPを増やすことができます(+200)。

朝から夕方にかけて優先的に行われる行動です。

普通のクエストとは違い、敵を倒して得られるSPが非常に少ないです。そのため、ここで増やしたSPがそのまま戦力になります。

誰でも行うことのできる最重要行動です。いくらレベルの高い人でも応援なしで勝つのは至難の業です。

 

【重要】祈り(BP消費 15)

自分のギルドを守ってくれるシードを一時的に強化することができます(+2%)。

主に夜のギルドバトルで行われる行動です。

一回一回の効果は薄いですが、複数人で行うことで鉄壁の守りを得ることができます。

やらなくてもいいですが、これを行う人がいるかいないかで安心感が全く違います。

 祈り 0% 祈り 300% 
 f:id:absoul100073:20150906041755j:image
f:id:absoul100073:20150906041948j:image
 

 

【重要】出撃(BP消費 30)

相手のギルドに攻撃を仕掛けてポイントを奪います。

難易度を選択でき、シードの登場タイミングが変化します。難易度が高いほど多くのポイントを奪うことができますが、敵シードの登場する間隔が短くなります。そのため、戦闘が長引くと複数の敵を相手にすることになります。難易度による敵の強さは変化しません。

ほとんどの場合でボスとの連戦を行うことになり、後半に出てくる敵ほど強くなります。

自分のパーティーの力試しをしてみましょう。

Tips 自分のギルドで演習

防衛シード設定の画面から行うことができます。自分で応援、祈りを設定して出撃を行うことができます。AP、BPの消費はありません。

 

同時出撃(消費BP 50~70)

複数のギルドに攻撃を仕掛け、大量のポイントを奪います。

一度に複数の敵と戦うことになる非常に難易度の高い行動です。百聞は一見に如かずです。やってみてください(ФωФ)フフフ...

 

4.最後に

まずは何事もチャレンジです。分からなかったら先輩たちに聞いてみてください。少なくとも私たちのギルドでは大歓迎です。

現実的な話、せっかくのメダルやゴルドの入手機会なので頂いておきましょう。応援や祈りなら一分で終わります。ギルドに貢献するのもいいものですよ?

 

以上、何らかの助けになれば幸いです。

今はせっかくのレアメダルウィークですし、参加してみてくださいね~(´ω`)ノシ

 

 

当ページは、Happy Elements株式会社「メルクストーリア – 癒術士と鈴のしらべ -」の画像を利用しております。

 該当画像の転載・配布等は禁止しております。

(c)Happy Elements株式会社